ついつい群がってしまう、5ch、2chのスレをザクザク載せていきます。
アニメ、漫画、ゲームについてがほとんどの、所謂まとめサイトです。

    映画化

    utusugirutteba......

    1: 金魚 ★ 2018/11/21(水) 19:07:23.82 ID:CAP_USER9

    21日、人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの新作となる、「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」劇場版三部作の制作が、 都内で開催された「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト発表会」で明らかになった。
    またこの日は、「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のテレビ放送や、テレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」劇場版の展開も発表された。

    「閃光のハサウェイ」は、ガンダムの生みの親である富野由悠季が、1989年に書き下ろした小説。
    アムロ・レイとシャア・アズナブルの激突を描いた映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の後の世界を舞台に、
    アムロの戦友ブライト・ノアの息子であるハサウェイ・ノアの戦いを描く。

    シリーズ1作目から続く世界観・宇宙世紀(U.C.)100年以降の歴史を終わりまで描く「UC NexT0100」プロジェクトの第2弾となり、
    その第1弾として今月30日から劇場公開となる『機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)』上映時に、予告編が公開される。

     この日、1979年のテレビ放映開始から来年で40周年を迎える「ガンダム」」シリーズは、
    “全てのものを超えていく”ことを意味した言葉「BEYOND」をコンセプトに、2019年から2020年にかけて記念事業を展開することを発表。

    その一環として、2019年4月に「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のテレビ放送が決定。
    2014年から劇場でイベント上映された全6話を13本のシリーズとして再編集し、NHK総合で放送される。

     また、これまでに3作のテレビシリーズが放送された「ガンダムビルドシリーズ」の最新作、
    SDガンダムシリーズの新作「三国創傑伝」の企画も進行中。
    そして、富野由悠季が総監督を務め、2014年にテレビ放送された「ガンダム Gのレコンギスタ」に新作カットを大幅に追加した劇場版を展開。
    2019年の公開を予定しているほか、同年には舞台版「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」も上演される。

     さらに、ガンダム40周年のテーマ曲をアーティストのSUGIZOが担当することも明らかに。所属するロックバンド・LUNA SEAの新曲となる。
    この日はSUGIZO自身も登壇し、完成前の楽曲を披露した。
    SUGIZOはテレビ版「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」のオープニングとエンディング曲のプロデュースも手掛ける。

    https://www.cinematoday.jp/news/N0105037



    【【初映像化】機動戦士ガンダム「閃光のハサウェイ」劇場版三部作が制作決定!アムロの戦友ブライト・ノアの息子戦いを描く】の続きを読む

    20180920-gakkougurashi_full

    1: 47の素敵な(pc?) (4級) 2018/11/11(日) 18:01:44.59

    原作ファンブチギレ炎上の実写映画『がっこうぐらし!』、予告編が公開され火に油かと思いきや「思ってたよりいい」の声

    良くも悪くも話題を集めるアニメやマンガの実写化作品。様々なデフォルメがされた2次元の世界観を実写で完全に再現するのは難しいため、話題作ほど原作ファン
    からディスの声が吹き荒れる。中でも、ここ最近で一番炎上した実写化と言えば『がっこうぐらし!』だろう。

    場面写真が公開された際にはネット上が阿鼻叫喚となった本実写映画。この度、ついに予告編動画が公開された。これは火に油か? と思いきや、「思ったよりい
    い」という声もあがっている。

    ・原作ファンブチギレの場面写真公開
    ゆるふわ日常系から一転、ゾンビものホラーが展開される『がっこうぐらし!』。アニメ版では、日常がガラッと崩れ去るシーンに衝撃を受けた人も少なくないだ
    ろう。女子高生たちのゆるふわな雰囲気と恐ろしいゾンビのギャップは本作の大きな魅力の1つだ。

    しかし、公開された場面写真は、ホラーっぽさが全面に出ておりサバイバル感丸出しのものだった。バイオハザードかよ! 突然のネタバレにネットでは「だいな
    し」の声が相ついだ。そんな中での予告編動画公開。これは火に油か……と思いきや、ネット上では意外と好意的な意見があがっている。

    ・好意的な反応
    「思いの外いいと思います」
    「この予告なら期待出来る……ッ!!」
    「予告編の作り、良いですね!」
    「思ってたよりいいやん!」
    「実写化反対とか言ってるけどいい感じじゃね」
    「普通によさげ、予告でネタバレするなって言ってる人いるけど無茶言うなよ」

    ──などなど。もちろん、「実写化や3次元だからダメじゃなくその前に作品潰してしまったよ」「ないわ」「予告編でネタバレしないで欲しかったなぁ…」など相
    変わらずディスの声も大きいのだが……。

    なお、日常から始まる予告編動画には、ガラッと世界観が変わる瞬間も収められている。原作の雰囲気を完全再現とまではいかないが、個人的には魅力の1つであっ
    たギャップは作れているような気がしないでもない。

    茨の道を進む『がっこうぐらし!』だが、ひょっとしたらひょっとするかも? 原作ファンの多い作品だけに、良い作品となることを祈っている。
    https://rocketnews24.com/2018/11/07/1137089/




    【【炎上】 原作ファンブチギレ炎上 ラストアイドル主演映画『がっこうぐらし!』に批判殺到wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ